2004年に関西圏の大学オーケストラを卒団して数年が経過したメンバーが集まり創設。翌2005年4月に第1回演奏会を開催しました。

以来、毎年一度の定期演奏会と、2011年からは秋にオータムコンサートを開催し、創立から10年目の2014年6月には、第10回定期演奏会をザ・シンフォニーホールで開催、サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」等を演奏しました。

楽団名の「交響楽団ひびき」には、「演奏でより良い”ひびき”を目指すこと」と「ホールにお越しいただいたお客様に私たちの音楽がより良く響くこと」という思いを込め、また、プレーヤー、お客様がともに楽しめる公演を作り上げることをスローガンに日々の活動に取り組んでいます。

現在、20歳代から30歳代の団員が中心に、およそ60名ほどが近畿圏各地から集まっています。